みんみんゼミ

第21回ゼミ報告

レス表示:新着順 古い順
1ミツザワ時計 2018/12/01 01:38 電話3PC iPhone

ゼミ報告が遅くなってしまい申し訳ございません。
今回司会を務めさせていただきました、三津澤です。

第21回 グループ発表 「クリスマス」ゼミ報告

今回の発表では
「日本のクリスマスツリーはモミの木に模したプラスチック製のものが一般的である。クリスマスの本場欧州や米国では生木のモミの木がクリスマスツリーとなる。
ここで問題視されているのがゴミ問題である。しかし2000年以降アメリカではリユースを呼びかけるようになり、ドイツでは州ごとでツリーを回収,処分をし、不法投棄が見つかった場合には罰金も科せられているが、未だにツリー破棄に関する問題は後を絶たない。そこで今回はどうすればそのような問題を改善できるか考察する。」ことを目的とし、
「目的でも記載したように、自治体への呼びかけや罰金を実施してもゴミ問題は後を絶たない。そこで私たちは、モミの木自体に工夫をするのが最善ではないか。」と主張しました。

BBSに挙げられた質問や意見として、
「考察のところに最新のテクノロジーを使用したスマートクリスマスツリーというものもあるとありますが、このスマートクリスマスツリーとは具体的にどのようなものなのですか。」
「ドイツでは不要なクリスマスツリーを森に捨てるのは絶対にやってはいけない、とありますがこの理由は何なのか、
ツリーを森に捨てたことによる何らかの影響が以前にあったのか。」
「人々の環境問題に対する意識改善を自治体等が行うことが必要だと考えます。」
などがありました。
安達先生からは、
「人の管理する土地にツリーを放棄することはそもそも違法である。ツリーは木材肥料としてチップにするのがベストだが、費用がかかるため、セントラルパークなどにある大きいモミの木に集まって楽しめば良い。」
「最近だと地球温暖化の影響で有害であるダニも多く、またツリーの他に挙げられる環境問題として暖房がある。」
とのご提案・ご指摘をうけました。

そして、評決の結果、フロアー側の勝利となりました。

改めて、ご報告が遅れてしまったことをお詫び申し上げます

*前 #
次の頁(返信数:0)
レンチスレッド設定
本日:[ 1 ] 昨日:[ 1 ] 累計:[ 3 ]